2006年09月04日

兎に角良かった

ワールドグランプリ女子バレーボール大会は3日、各地で予選ラウンド最終戦が行われ、岡山・桃太郎アリーナでのI組の日本はブラジルに0−3で敗れ、通算5勝4敗で予選を終えたが、米国が敗れて辛くも決勝ラウンド(6日から、イタリア)進出を果たした。

問題は大山選手です、スパイクは決まらない、レシーブは出来ない。
途中交代した後は、日本チームは調子いい、初めから出すな。
posted by 暇人 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。