2005年05月28日

風太君

 最近レッサーパンダが立ち上がったとか何とかのニュースが多すぎです。
サヤカもやらせみたいな感じだし、こんな記事が有りました。

<わいせつ>「100件やった」19歳少年を再逮捕 警視庁

 東京都葛飾区内で女子中高生にわいせつな行為を繰り返したとして、警視庁亀有署は26日、江戸川区に住むファストフード店店員の少年(19)=東京都迷惑防止条例違反(痴漢行為)の疑いで逮捕=を強制わいせつ容疑で再逮捕した。駅前などで女子中高生を物色し、目を付けた少女の後を自転車で付け、人けのない場所でいきなり抱きつくのが手口。少年は「昨年夏以降、100件近くやった。制服に興味があり、女の子と友達になりたかった」と容疑を認めている。
 調べでは、少年は3月10日午後6時ごろ、葛飾区内の路上で、高校1年の女子生徒(15)に抱き付き、スカートの中に手を入れて尻などを触った疑い。少年は4月22日夕、同区内のマンション駐輪場で、高校3年の女子生徒(17)に抱きつき、胸を触るなどしたとして都迷惑防止条例違反で逮捕されていた。いずれも、江戸川区内での仕事が終わった後、自転車で3〜4キロ離れた葛飾区に移動し、制服姿の少女を物色したという。
 同区内では昨年夏以降、帰宅途中の女子中高生が野球帽の若い男に抱きつかれるなどの被害が相次いでおり、同署に数十件の被害相談が寄せられている。4月27日夕にも6件連続で痴漢事件が発生したため、署員が一帯を警戒していたところ、同署で作成した似顔絵に似た少年を見つけ、任意同行して逮捕した。【合田月美】
(毎日新聞) - 5月27日15時4分更新
posted by 暇人 at 11:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 三面記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

松田聖子

何じゃこりゃ。やらせか仕組まれた話の可能性が有りますね。


騒動効果?聖子チケット大売れ

 長女SAYAKA(18)の休業騒動の渦中にある松田聖子(43)の全国ツアーのチケットが、各公演ともほぼ完売状態になっている。

 来月5日の「さいたまスーパーアリーナ」からスタートする14カ所17公演。8月5日の鹿児島アリーナが「4月末の発売日に約4000席のチケットが即日完売した」(担当者)のをはじめ、7月24日の横浜アリーナも「立ち見のチケットがわずかに残っているだけ」という人気ぶり。関係者は「全会場ともほぼ完売。すごい売れ行き」とホクホク顔だ。

 理由は「25周年のメモリアルツアーということが大きい」と口をそろえるが、中には「(騒動が起きてからの)この数日間で問い合わせの電話がまた来るようになりました」(鹿児島アリーナ)との声も。スキャンダルが起きてもビクともせず、人気につなげてしまうあたりが“女王・聖子”ならではだ。

 来月8日に発売する「25周年記念プレミアムDVDボックス」も1万5000セットの予約(既に締め切り)が入る人気ぶり。26日もツアーのリハーサルに専念していたもようで、騒動後初の公の場となる初日公演にどんなパフォーマンスを見せるのか楽しみだ。
(スポーツニッポン) - 5月27日6時2分更新
posted by 暇人 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

芸能ニュース

  今日の芸能ニュース。


<羽賀研二さん>名誉棄損で逆転勝訴、光文社に損賠命令

 タレントの羽賀研二さんが、週刊誌「女性自身」の新聞広告の見出しなどで名誉を傷つけられたとして、発行元の光文社(東京都文京区)に500万円の賠償を求めた訴訟で、東京高裁(根本真裁判長)は25日、請求を棄却した1審判決を変更し、光文社に100万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
 問題となったのは04年3月2日号の「羽賀研二(42)『元大物議員に少女あっせん』『淫行(いんこう)事件』で事情聴取」と題された新聞広告の見出しや、雑誌の表紙などに記されたほぼ同様の見出し。
 判決は「新聞広告だけだと事件に直接関与して取り調べを受けたとの印象を与える」と名誉棄損の成立を認めた。表紙などの見出しについては「雑誌の読者が表紙しか見ないとは考えにくく、記事を読めば参考人として問い合わせを受けただけと理解できる」と述べ、羽賀さん側の主張を退けた。【木戸哲】
 ▽「女性自身」編集部の話 1審とは逆の判決が出て大変残念。判決文を検討し、今後の対応を決めたい。
(毎日新聞) - 5月26日3時5分更新



チャン・ツィイーが日本女性を大絶賛!


インタビューに答えるチャン・ツィイー
 
 5月28日より公開される『オペレッタ狸御殿』に主演しているチャン・ツィイーがインタビューで日本女性を褒め称えていた。

 ツィィーは『オペレッタ狸御殿』のほかにも『SAYURI』で日本女性を演じている。日本とかかわる仕事が続いているツィイーに“日本女性観”を聞いたところ「日本の女性はすばらしい! 女性に必要とされる美徳をすべて兼ね備えていると思うわ」と日本女性を大絶賛。現代女性が果たしてそうかは別にして、日本女性の多くが憧れるチャン・ツィイーだけに女性にとってはうれしい発言だ。

 また『オペレッタ狸御殿』では十二ひとえを着ているツィイーは「日本の着物は大好き。一枚一枚が芸術品ね」と着物もお気に入りの様子だった。

チャン・ツィイー独占インタビュー詳細はYahoo!ムービーに掲載中:
http://movies.yahoo.co.jp/interview/200505/interview_20050525001.html

『オペレッタ狸御殿』公式サイト:
http://www.tanuki-goten.com/



瀬戸朝香 イノッチ交際宣言「男らしい」

 TBSで6月30日に放送されるスペシャルドラマ「27歳の夏休み」(後9・00)の制作発表会見が25日、都内で行われた。出演する瀬戸朝香(28)はV6の井ノ原快彦(29)との交際が注目されるが「(交際は)順調です。いいお付き合いをさせていただいています」とキッパリ。先月、井ノ原が先に交際宣言しており「(堂々の宣言は)男らしいですね。うれしいです」と笑顔。

 ドラマは27歳の2人の女性の仕事や結婚への揺れる気持ちを描いたもの。雑誌とネットで唯川恵さんの原作が公開され、ドラマで結末が分かるという新しいメディアミックスの形。

 出演する木村佳乃(29)は「この9年は仕事のことでいっぱい、いっぱいだった。でも、いずれは結婚したい」。また、オセロの中島知子(33)との破局が一部で報じられている谷原章介(32)は「今はそういうことよりお仕事が恋人です、と言っておきましょう」とけむに巻いた。
(スポーツニッポン) - 5月26日6時2分更新



いい話ですね。
posted by 暇人 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めまして。

 芸能ネタと三面記事専門です。
要するに肩の凝ないネタ話ですわ。
posted by 暇人 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。